1. ホーム
  2. 製品情報
  3. 高速シリアル通信LSI
  4. センターデバイス
  5. G9001A

G9001A

Motionnet構築用のセンターデバイスです。
I/O制御用に256バイト、データ通信用に512バイトのRAMを内蔵し、最大64個の各種ローカルデバイスの制御が行います。
1個のデータデバイスは、最大256バイトのデータ通信が行えます。

仕様

デバイスタイプ センターデバイス
パッケージ 64 - pin QFP
電源電圧 +3.0V ~ +3.6V
CPUインターフェースモード Z80、8086、68000、H8等
基準クロック 80MHz (もしくは40MHz)
通信速度 20Mbps、10Mbps、5Mbps、2.5Mbpsから選択
通信プロトコル NPMオリジナル
通信方式 I/Oポート、ステータスはサイクリック通信、データ通信はトランジェント通信 (半二重通信)
インターフェース RS485+パルストランス
接続方式 マルチドロップ方式
エラー検出方式 CRC12
総ケーブル長 20Mbps/ローカルデバイス32個接続時 最長100m (ローカルデバイス間の最短0.6m)
20Mbps/ローカルデバイス64個接続時 最長50m (ローカルデバイス間の最短0.6m)
パッケージ 64 - pin QFP
パッケージ外形寸法 (モールド部) (mm) 10×10
周囲温度 −40 〜 +85℃
RoHS2 対応


特長

◆CPUの負荷を最小限に抑える
 シリアル通信の全てをG9001Aがコントロール

◆大容量のRAMを内蔵
 メモリにアクセスする感覚で遠方のI/Oを制御可能

◆データ通信機能により、大きなサイズのデータ(最大256バイト)をやり取り可能

◆ローカルデバイスの組合せは自由
 ローカルデバイスの合計数が64個以内なら、I/Oデバイス (G9002A、G9205A)、パルスコントロールデバイス (G9103C)、CPUエミュレーションデバイス (G9004A) の組合せ個数に制限なく混在可能

 ・設定したアドレスや、I/Oデバイスのポート状態などは、センターデバイスで自動的に認識可能
 ・アドレスエリア:通常は512バイト空間を使用。ただし、入出力バッファの使用により8バイト空間でも使用可能
 ・通信データ長:1〜128ワード/フレーム (1ワード=16ビット)
 ・CPUインターフェース:4種類のインターフェース回路を内蔵
 
 

G9001A 搭載ボード/ユニット

PPCI-L112

PPCI-L112

PCIバスセンターボード
(G9001A×2個)

NPMCMNET-I/O104

NPMCMNET-I/O104

PC/104バスセンターボード
(G9001A×2個)

MNET-PUSB3601

MNET-PUSB3601

USBセンターユニット
(G9001A×1個)

資料ダウンロード