1. ホーム
  2. 製品情報
  3. リニアサーボモータ (シャフトモータ)
  4. シャフトモータ単体
  5. L250シリーズ
  6. L250T

L250T

φ25シャフト ラージギャップモデル。
・ラージギャップ仕様のため可動子とシャフトの隙間が広くロングストロークが可能です。

従来のリニアモータとは違うシンプルで多彩な特徴・性能を持ったリニアシャフトモータです。
・ 高速動作 (タクトアップ)
・ 高精度位置決め (フルクローズド制御)
・ 圧倒的な速度安定性
・ 高速整定 (ハイレスポンス)
・ 形状的にボールねじ機構のリプレイスがしやすい
・ 1本のシャフトでマルチ駆動可能
・ 1台のドライバで複数の同期パラレル駆動が可能
・ 非接触型のモータなので、耐久性が優れている (保守費用の軽減)
・ 低発塵
・ 水・油・コンタミ・粉などの悪環境にも使用可能
・ 音が大変静か

仕様

仕様 定格推力 [N] 52
加速推力 [N] 207
定格電流 [A] 1.3
加速電流 [A] 5.2
可動子 長さ A[mm] 165
断面 B [mm] 50±0.3
質量 [kg] 1.1
取付ピッチ P [mm] 150
P1 [mm] 25±0.3
取付ねじ [kg] 4-M6x9
穴径 D1 [mm] 29.0
ギャップ G [mm] 2.0
シャフト シャフト径 D [mm] 25±0.2
ストローク S [mm] ~2000
ストローク(S)
対支持部長さ(L2)
S [mm] 701~1500
L2 [mm] 70

寸法図

※クリックすると拡大します。

CADデータ


対応フォーマットはこちらをご覧ください。
※初めての方は、ユーザー登録が必要となります。

スタンダードモデル
ラージギャップモデル
ショートコイルモデル
Baby Shaft モデル