1. ホーム
  2. 製品情報
  3. ステッピングモータ
  4. クローズドループステッピングモータ PULSERVO
  5. PULSERVOの特長

PULSERVOの特長

クローズドループステッピングモータ「PULSERVO」は、ステッピングモータの特長を生かし、オープンループ制御の弱点であった"脱調"を無くしたステッピングモータです。パルス入力タイプとMotionnet(シリアル通信制御システム)タイプをご用意しております。

クローズドループ

ステッピングモータに取り付けたエンコーダから位置情報をフィードバックするクローズドループとなっています。
それにより位置偏差を修正・制御し、動作します。
さらに大きな負荷によって位置偏差が一定量以上大きくなると、アラーム信号を出力しエラー停止します。



速度モニタ

ドライバ内部から動作データをRS-232Cを介して読み出すことができ、指令速度・実速度などをモニタすることができます。



分解能

位置検出用エンコーダ(10,000P/R)を搭載し、9段階の分解能(500~10,000P/R)が設定可能です。
(エンコーダカウントは4逓倍での値となります。)

動作時電流設定

パラメータ設定によってモータ動作(回転)中に流れる電流を、定格の150%まで設定可能です。それにより加減速特性が向上します。

最適な電流制御

負荷に応じた最適な電流制御を行っているため、従来のステッピングモータに比べ高トルクを実現できます。
さらにモータとドライバの発熱が抑制され、省エネにも貢献します。

チューニングレス

サーボモータのような複雑なチューニングを必要とせず、ベルトドライブのような低剛性機構にも対応可能です。

有負荷時の位置決め応差

クローズドループ制御により、負荷が大きい機構においても、CW、CCWどちらの方向からでも応差(ヒステリシス)を抑えた高い位置決め精度を実現できます。



低振動動作

一般的なステッピングモータに比べ、停止時のオーバーシュートが少なく、位置決め時の振動を低減できます。

滑らかな回転

ドライバ内部でベクトル制御・フィルタリング制御を行っているため、トルクリップルの少ない滑らかな回転を実現できます。



ショートストロークでの高速位置決め

ステッピングモータの特長である「高い起動トルク」と、PULSERVOの特長「低振動動作」により、ショートストロークで高速繰り返し位置決めが可能です。

アラーム出力と保護機能

位置追従異常、モータ・エンコーダ接続異常、過電流異常など12種類のアラームを出力し、ドライバや他の組み込み機器を保護します。

Motionnet(シリアル通信制御システム)

Motionnetは、弊社が提唱する超高速シリアル通信システムです。
このシリアル通信システムは、独自に開発した4種類のデバイス「G9000シリーズ」をコアにしています。
伝送速度20Mbpsのシリアル通信により、入出力制御はもちろんのことMotion制御、CPUエミュレーション、CPUメッセージ通信までもリモート操作できるトータル省配線システムです。

PULSERVOのMotionnetタイプには、Motionnetシリーズのモーション制御LSIであるG9103Bが搭載されています。
G9103Bは、パルス発信による定速・直線加減速・S字加減速による連続動作・プリセット(位置決め)動作・外部入力を含めた原点復帰動作などモーション制御に必要なすべてが行えます。

MotionnetシリーズのセンターLSI(G9001A)が搭載されたセンターユニットから、最大64個のPULSERVOを接続し制御することができます。
また各モータ間で2軸の円弧補間や最大64軸の直線補間が可能です。



ブレーキ付きと減速機付きモータ

モータサイズ42、56、60にブレーキ付きと減速機付きをオプションで用意しております。
特に減速機は精密位置決めに適した遊星歯車減速機(バックラッシュ3min、5min以下)を8種類(3,5,8,10,15,25,40,50)用意しております。

標準タイプモータ
ブレーキ付モータ
減速機付モータ
専用ドライバ
オプションケーブル
資料・その他