G9002A

I/O制御 ローカルデバイス

Motionnet構築用のI/Oローカルデバイスです。
I/O制御を取り扱う時に便利です。

センターデバイス(G9001A)から、4ポート(32ビット)の入出力信号の制御ができます。
入出力信号制御は、サイクリック通信によって常にセンターデバイスと通信が行われます。
主要な端子に関してはトレラントバッファーを使用おり、5Vインターフェースが可能です。

「Best Open Field Bus」をコンセプトとして、G9000シリーズ(LSI)単体と、G9000シリーズ搭載ボード製品(Motionnet製品)の両方を販売しています。

特長

◆1ラインで2048点のI/O制御が可能
 G9002A 64個接続時

◆設定したアドレスやG9002Aのポート状態などは、センターデバイスで自動的に認識可能
 ・汎用入出力数:汎用入出力4ポート (1ポート=8ビット)
 ・ポート毎に入力/出力と、それらの論理を端子で設定可能
 ・通信方式:サイクリック通信

仕様

デバイスタイプ ローカルデバイス (32点 I/O)
パッケージ 80 - pin QFP
CPUインターフェースモード -
基準クロック 80MHz (もしくは40MHz)
通信速度 20Mbps、10Mbps、5Mbps、2.5Mbpsから選択
通信プロトコル NPMオリジナル
通信方式 I/Oポート、ステータスはサイクリック通信、データ通信はトランジェント通信
 (半二重通信)
インターフェース RS485+パルストランス
接続方式 マルチドロップ方式
エラー検出方式 CRC12
総ケーブル長 20Mbps/ローカルデバイス32個接続時 最長100m (ローカルデバイス間の最短0.6m)
20Mbps/ローカルデバイス64個接続時 最長50m (ローカルデバイス間の最短0.6m)
パッケージ 80 - pin QFP
パッケージ外形寸法
(モールド部) (mm)
12×12
電源電圧 +3.0V ~ +3.6V
周囲温度 −40 〜 +85℃
RoHS2 対応

資料ダウンロード

G9002搭載ボード

[MNET-D340] Motionnet ローカル入力ボード(32点入力)

[MNET-D322] Motionnet ローカル入出力ボード (16点入力/16点出力)

[MNET-D304] Motionnet ローカル出力ボード (32点出力)