1. ホーム
  2. 製品情報
  3. パルスコントロールLSI
  4. PCD2100シリーズ

PCD2100シリーズ

4線式シリアルバス専用の小型パッケージ(モールド部:7✕7mm)と、少ピンの小型CPUを接続できることから、ボードサイズ全体を小型化できます。
エンコーダ入力、アップダウンカウンタ、サーボモータインターフェースを内蔵していますので、ステッピングモータ/サーボモータのクローズドループ制御にも対応します。

※PCD2112は、2018年10月に生産・販売を中止させていただきます。
尚、後継機種「PCD2112A」は、2019年に発売を予定しております。

関連ページ:製造中止のお知らせ「PCD2112」

製品名 軸数 最高出力周波数 CPU
インターフェース
パッケージ 電源電圧
PCD2112 1 2.4Mpps SPI (Serial Peripheral Interface) 48-pin QFP +3.0V ~ +3.6V

特集ピックアップ

 

特長

◆4線式シリアルバスでCPUと接続
 ・外部バス用端子のないCPUでも本LSIを使用可能
 ・外部バス用の兼用端子のあるCPUでも、汎用I/O数を有効利用可能

◆制御データ配置の最適化とブロック転送方式を採用
 これにより、伝送時間を最小限にすることが可能

◆CPUレスで制御できる新動作モード「単独動作システムモード」を用意
 32種類までの動作パターンを書き込んだEEPROMを外付けすることにより、CPUレスでの動作が可能
 ●最高出力周波数:5Mpps(基準クロック 20MHz使用時)
 ●パルス出力形態:パルス信号出力と2相ステッピングモータ用励磁シーケンス出力の計12種類から選択が可能
 ●32ビットのアップダウンカウンタを内蔵
 ●豊富な動作モード(11種類の動作モードあり)
 ●手動パルサ入力端子装備(逓倍&分周機能なし)
 ●11種類の要因で割り込み信号を出力可能(イベント要因はレジスタで選択可能)

2相ステッピングモータ用励磁シーケンス出力もでき、さらにサーボモータインターフェースを内蔵していますので、ステッピング/サーボのいずれにも対応します。



こんなご要望に最適です!

・少ないピンのCPUで、モータをインテリジェント制御したい
・とにかく小さなモータ制御ボードを作りたい
・動作時にはCPUを接続せずにスタンドアロン的に使いたい
・従来のPCDシリーズでは機能が少し物足りない