1. ホーム
  2. 製品情報
  3. パルスコントロールLSI
  4. PCD4600シリーズ

PCD4600シリーズ

従来機種PCD4500シリーズを小型化・機能アップし、電源電圧も3.3V単一化して、ますます使い易くなった後継機種です。

ステッピングモータのオープンループ制御であれば、一般的に必要と思われる基本的機能を内蔵しています。最近のCPU事情を考慮し、8ビットパラレルバスと4線式シリアルバスのどちらでも使用できますので、使用できるCPUの選択肢が広がります。

2軸タイプで10×10mm、4軸タイプで14×14mmと、QFPタイプでは業界最小のパッケージを採用。
ステッピングモータの多軸コントローラを“小型”で“安価”に“早く”開発できます。

製品名 軸数 最高出力周波数 CPU
インターフェース
パッケージ
(外形寸法mm)
電源電圧
PCD4611A 1 標準2.4Mpps
(最大5Mpps)
8ビットパラレルバス
4線式シリアル
48-pin QFP
(7×7)
+3.0V ~ +3.6V
PCD4621A 2 標準2.4Mpps
(最大5Mpps)
8ビットパラレルバス
4線式シリアル
64-pin QFP
(10×10)
+3.0V ~ +3.6V
PCD4641A 4 標準2.4Mpps
(最大5Mpps)
8ビットパラレルバス
4線式シリアル
100-pin QFP
(14×14)
+3.0V ~ +3.6V

特集ピックアップ

PCLスターターキット

特長

◆従来の8ビットパラレルバスと新たに4線式シリアルバスに対応
   シリアルI/Fを利用した場合、パラレルバス端子を汎用I/O端子として利用可能。
   一つのスレーブセレクト信号で4個のLSIまで拡張接続可能。

◆最高出力周波数:2.4Mpps
◆直線/S字加減速対応
◆2相ステッピングモータ駆動用励磁シーケンス回路内蔵
   ステッピングモータドライブ用ICやトランジスタアレイを付加することで、
   容易にステッピングモータのコントローラ&ドライバシステムが構築可能

◆同時スタート/同時停止機能
◆現在位置カウンタを1個/軸内蔵
◆小型パッケージ(QFPタイプでは業界最小)
◆周囲温度:-40~+85℃の範囲で使用可能
   ・スローダウンポイント自動設定機能
   ・アイドリングパルス出力機能(1~7パルス)
   ・動作中の速度オーバーライドが可能
   ・動作モード(4種類の動作モードあり)



こんなご要望に最適です!

・小型少ピンの安価なCPUを使いたい。
・ステッピングモータの制御として、初めて使ってみようと思っている。
・マイコンでのソフト設計に苦労しているので、もっと簡単に早くソフト設計したい。
・あまり高機能すぎなくても良い、基本的なことさえできれば良い。
・小さな多軸制御ボードを作りたい。

PCD46x1Aシリーズへの移行参考資料

生産・販売中止機種(PCD45x1シリーズ、およびPCD46x1シリーズ)からPCD46x1Aシリーズへ移行の際は、
お手数ですが下記資料にて内容のご確認をお願い申し上げます。

◆PCD45x1 から PCD46x1A へ
   ・概要:「PCD45x1からPCD46x1Aへの移行について
   ・詳細:「PCD4611A/PCD4621A/PCD4641Aユーザーズマニュアル(PCD4500/PCD45x1シリーズからのリプレース版)

◆PCD46x1 から PCD46x1A へ
   ・概要:「PCD46x1からPCD46x1Aへの移行について
   ・詳細:「PCD4611A / PCD4621A / PCD4641Aユーザーズマニュアル