1. ホーム
  2. 製品情報
  3. パルスコントロールLSI
  4. PCL6100シリーズ

PCL6100シリーズ

プリレジスタ(1段)、アップダウンカウンタおよびコンパレータ2系統/軸、直線補間機能、エンコーダ入力、サーボモータインターフェースなどを内蔵しており、オープンループ制御はもちろん、クローズドループの一般的な制御であれば十分対応できる機能を持っております。

最近のCPU事情を考慮し、8/16ビットパラレルバスと4線式シリアルバスのどちらでも使用できますので、使用できるCPUの選択肢が広がります。

最大出力周波数は15Mppsまで出力でき、アップダウンカウンタも32ビットをPCL61x4シリーズから継承。高分解能かつ、ストロークの長いリニアモータ制御にも対応します。

製品名 制御軸数 最高出力周波数
(標準、Max.)
CPU
インターフェース
パッケージ 電源電圧
PCL6145 4 9.8Mpps (Max.15Mpps) 8/16ビットパラレルバス
4線式シリアル
176 - pin QFP +3.0V ~ +3.6V
PCL6125 2 9.8Mpps (Max.15Mpps) 8/16ビットパラレルバス
4線式シリアル
128 - pin QFP +3.0V ~ +3.6V
PCL6115 1 9.8Mpps (Max.15Mpps) 8/16ビットパラレルバス
4線式シリアル
80 - pin QFP +3.0V ~ +3.6V

特集ピックアップ

 

特長

◆従来の8/16ビットパラレルバスと新たに4線式シリアルバスに対応
   シリアルI/Fを利用した場合、パラレルバス用端子を汎用I/Oポート端子として利用可能。
   一つのスレーブセレクト信号で4個のLSIまで拡張接続可能。

◆任意の2~4軸間で直線補間が可能

◆最高出力周波数:15Mpps

◆アップダウンカウンタ:2個/軸内蔵(32ビット)

◆コンパレータ:4個/軸内蔵(32ビット)(うち2個はソフトリミット機能専用)
   コンパレータとカウンタを利用することにより、下記の動作が可能。
    ・割り込み出力、比較結果の外部出力
    ・リングカウント機能
    ・内部同期信号によるスタート
    ・ソフトリミット機能を追加

◆動作中の速度および目標位置オーバーライドが可能

◆動作中に次動作のデータ(移動量、速度、動作モードなど)を書き込むためのプリレジスタを内蔵(1段)
   次動作のデータを予めストックしておけることから、現在動作完了後に停止せずに次動作へ滑らかに移行することが可能
    ・豊富な動作モード(10種類の動作モードあり)
    ・手動パルサー入力端子装備(逓倍&分周機能なし)
    ・11種類のエラー要因と16種類のイベント要因で割り込み信号を出力可能(イベント要因はレジスタで選択可能)

 

PCL61x5シリーズへの移行参考資料

旧シリーズ (PCL61x3、PCL61x4シリーズ)から PCL61x5シリーズ (PCL6115、6125、6145)への移行の際は、
お手数ですが下記資料にて内容のご確認をお願い申し上げます。

◆PCL61x4シリーズ からの移行される方はコチラ
   ・「PCL61x4シリーズ から PCL61x5シリーズ への移行について

◆PCL61x3シリーズ からの移行される方はコチラ
   ・「PCL61x3シリーズ から PCL61x5シリーズ への移行について