1. ホーム
  2. 製品情報
  3. パルスコントロールLSI

パルスコントロールLSI

CPUから指令を受けてステッピングモータやサーボモータを制御することが可能なLSIです。
CPUから動作条件に関するデータや、動作パターン用の数値データを書き込み、スタート指令を与えるだけでモータの制御をLSIに「お任せ」できますので、CPUの負担が飛躍的に軽減されます。

1985年にリリース以来、多数のお客様に育てていただき、現在では補間機能付超高性能版から、簡易制御用ローコスト版、超小型版まで豊富なバリエーションからお選びいただけます。

PCL6000シリーズ

ハイエンド版パルスコントロールLSI。 直線/円弧補間、ソフトリミット、多様な原点復帰方法など、数々の機能を装備。 最高出力周波数6.5Mpps

PCL6100シリーズ

直線補間、ソフトリミットなどの基本機能充実版。最高出力周波数15Mpps
(NPMパルスコントロールLSI最速)

PCD2100シリーズ

業界初の4線式シリアルバスを採用したパルスコントロールIC。
モールド部7×7mmの超小型パッケージ。

PCD4600シリーズ

CPU I/Fにパラレルバスと4線式シリアルバスの2モードを搭載したステッピングモータ制御専用ローコスト版。